ピザレストランの開業で、店舗内装を自分で行いました

店舗内装を自分で行う

店舗内装店舗内装工事の発注先はどう選ぶ?

私は学生の頃から旅行が好きで、日本一周やユースホステルでの住込みアルバイトなどを続けていました。
大学を卒業してからも定職に就かず、日本各地の飲食店などでアルバイトをしながら放浪の旅のようなことをしていましたが、旅先で出会った女性と結婚することになり、今までのアルバイトで腕を磨いたピザレストランをアルプスの麓で開業するべく出身地の長野県に戻ることにしました。
しかし、これまでそのような生活をしていたので貯金があまり無いことから居抜き物件を探しましたが、自分の希望する山を一望できるロケーションであること、冬は雪が多くなるので国道や県道から比較的近い場所であることを満たす物件が少なく、現在の場所を見つけるまでに1年以上かかってしまいました。
それまでの間は、私ひとりが長野に引越して安アパートでアルバイトをしながら費用を貯える生活を続けていましたが、町のいろいろな職業の人とも知り合いになれたのでこれが後々功を奏します。
やっとの思いで見つけた物件はかなり古く広さも5坪くらいしかありませんでしたが、元が飲食店だったようでカウンターやトイレが付いていたことと、敷地がかなり広く将来的に店を拡張できること、駐車場を広く取れることからリフォームすれば使えると思い契約しました。
早速、開店に必要な厨房設備やテーブルとイスの品定めと同時にリフォーム業者を探したところ、アルバイトで働いた土建会社の伝手で建設会社を紹介してもらうことができ、相場よりもかなり安い知り合い価格でリフォームしてもらえることになりました。
厨房設備もお世話になった飲食店のマスターから安く譲ってもらったり、知り合いの業者を紹介してもらえたりと当初考えていた金額よりも大幅に安くあげることができることになり、いろいろな所でアルバイトをしてよかったな、と思いましたが、やはりそれでも貯えた金額からは大きく足が出ています。
1年以上町内に住んでいたことから信用銀行からも融資を受けられることにはなったものの、やはり少しでも費用を浮かせるために考えたのが店舗内装を自分で行うことです。

店舗内装を自分で行う店舗内装の一部を自分で行ったので愛着がわきます